歌うたい永野寛子の記憶のしらべ


by mainoji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

苦しかったこと

最初にあれおかしいな?と思ったのが
1月最初の『Lady Bird』の日でした。

もしかして、また喉を痛めたのかな?と。
今思うに
耳に入ってきた自分の声がいつもと違く聞こえた為に
そう思ったのだと思います。

耳にもやがかかった感じ
話声くらいの音が聞きづらい
一番困ったことが
自分の思った音と実際に出す音が一致しなく
自分の声の音の場所がわからない。
そして、面白いことに
自分の話声はどんどん低くなったのです。


お医者様からは低度の難聴だと言われました。

色々な病院にも行きました。
色々な治療もしてみましたがあまり効果がありませんでした。

いつ治るかもわからない中で
歌、歌っていけるのかな?とも思いました。
スキャットどころか、
メロディーを外さないように歌うことで精一杯でした。

いつ治るのかな?
このままこの耳と付き合っていくのかな?
本当に次から次へと色々な問題が出てくるものだと
なんともいえない思いで数か月間を過ごしていました。


でも、やっと先日
私の耳に風が通りました。

長かった。
長い時間でした。


人生色々なことがあるから面白い、といえるほど
私には人間的にまだ余裕がありません。
でも今回のことも、
耳の大事さ、人の暖かさ、音楽への思い
そんなことを知ることができて、
本当に有難いなと思いました。

沢山の方に助けてもらいました。
本当に本当に
人に、出会いに、感謝でした。
ありがとう!




明日から9月。
月日がたつのはなんて早いのでしょう!
でも、2008年9月、10月、11月、12月。
まだまだ、4か月あります!
今年を悔いのないように。
そして、焦らず、
何十年たって、おばあちゃんになってもまだ歌っているように
がんばろっと!001.gif
[PR]
by mainoji | 2008-08-31 12:39 | ♪毎日のこと